だれも歩きたくないよね?

アメリカからのお客さんを
日本にある、アメリカ人経営のツアー会社のアメリカ人がアテンドしてて
20年以上日本に住んでるから、日本語ペラペラだし
日本についても超詳しい

そんな時は張り合わず、一歩引く
不足の部分を補ってあげる

かなりの金持ち系なのにトラムで移動??
それはなかろーもん
帰りは宮島口から平和公園までタクシー
セダンをチャーターしてたらよかったのに~~

なので、本日の歩きは9000歩
この前は13500歩

宮島では、神社出口近くのやまむら商店で日本酒の試飲をしていて
三次の醸造元の吟醸酒をお買い上げ

時間が余ったから、城に行く?と尋ねたら
NO! だよね?(笑)

平和公園は左派のグループが続々と集まってます
右翼の街宣車も走り、機動隊も出て
いつもの雰囲気になりつつあります

もっと静かに祈る時期にすればいいのにねぇ~~






by kajimama2011 | 2018-08-04 16:53 | 通訳ガイド | Comments(4)
Commented by Cross(クロス) at 2018-08-05 03:54 x
アメリカから来て、三次の酒買って帰るなんて、広島の酒なら西城でしょう。

アメリカでも、原爆番組(ただし、ケーブルテレビの歴史チャンネルとかですが)をやり始めました。
Commented by kajimama2011 at 2018-08-06 08:34
> Cross(クロス)さん
もちろん有名どころのお酒は人気ですが、小さい蔵で、少ししか作っていないレアものも好まれているんですよ。三次と言って昔の甲奴郡の醸造元みたいです。瑞冠。
Commented by Cross(クロス) at 2018-08-10 00:36 x
甲奴町の酒造ですか?我が家は甲奴と縁が深く、戦争で亡くなった祖父も甲奴町の出身で、父の姉も甲奴に嫁いでいますし、父の弟の奥さんも甲奴町の出身です。祖母の義理の弟も甲奴でした(同じく戦死)。明治時代以前に遡ると、鉄道や車が通れる道路から考える現在のつながりとは異なり、歩いていける山道のつながりの方が自然だったのでしょうか?

甲奴の酒造が頑張っているのは嬉しいですね。私の生まれた三良坂町にも酒造があり、昔は親族にお土産として配っていましたが、いまでは潰れたようです。私が幼い頃には各町村に酒蔵が一つはあったように思えます。あれだけ人口が減少して、なくなるのは当然でしょうが、頑張っているところもあるんですね。
Commented by kajimama2011 at 2018-08-10 16:01
> Cross(クロス)さん
甲奴町と縁が深いんですね。山陽から山陰への重要なルートだったのかもしれません。

本当に多くの酒蔵が廃業しましたが、今は若者向け、女性向け、海外向けに頑張っている蔵元さんが、あちこちに見られます。大吟醸は香りがふくよかで、すっきりして、とても美味しいですよ♪山口の獺祭(だっさい)でしたっけ?カリフォルニアで酒造りをするのは?
名前
URL
削除用パスワード


地味な地方の通訳ガイドのブログです。お笑い系・・・ワイン大好き、料理が趣味、60歳を過ぎてゴルフ始めました。ネコもすき。旅情報は「旅のホームページby kajimama」へ


by kajimama2011

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

和食の料理教室3月編
at 2019-03-19 15:30
ワイン女子会3月編
at 2019-03-17 11:01
お船
at 2019-03-14 17:18
桜はまだまだ
at 2019-03-12 17:02
蒸し牡蠣
at 2019-03-10 10:51
白バルサミコ酢
at 2019-03-08 16:40
苺のスコーン
at 2019-03-07 11:54
暖かい日
at 2019-03-05 20:59

最新のコメント

> fuminさん こ..
by kajimama2011 at 08:35
この 贅沢ちらし寿司セッ..
by fumin at 10:03
> fuminさん 圧..
by kajimama2011 at 09:04
ゴルフ人口は減ってきてる..
by fumin at 14:09
> yoshihuru5..
by kajimama2011 at 16:31
甘党、辛党、両党なんです..
by yoshihuru51 at 02:56
> fuminさん お..
by kajimama2011 at 08:32

最新のトラックバック

ファン

ブログジャンル